歯が折れてしまった時も歯医者に行こう

歯が折れてしまったり、かけてしまった場合は人や物にぶつかったなど外傷的な時もありますが、歯の疾患が原因で起こる場合もあります。歯の疾患で起こるのは虫歯や歯周病がある程度進んでしまっている時や歯に強い負担がかかった時があげられます。

歯並びやかみ合わせが悪い場合も、咬合異常といい、欠けたり折れたりします。


外傷が原因の場合も、歯そのものが原因の場合も歯が欠ける、折れる、抜けるということは自分ではどうしようもないことですので、早めに歯医者に行くようにします。

特に、打撲で歯が丸ごと抜けてしまった場合は急いで歯医者に行く必要があります。
歯が抜けたり折れた場合、乳歯の場合は問題がありません。

ですが、永久歯の場合は応急処置が大事になってきます。

まず、歯が抜けた場合は歯を乾燥させないことが大切です。

そのため、牛乳の中に歯を入れそのままの状態で歯医者に行くようにします。
牛乳がない場合は、自分の口の中のほほと歯の間に入れておきます。
この際飲み込まないように気を付けましょう。

今年、最も指示を集めた千歳烏山の歯医者に関する詳細です。

歯が抜けてから時間がたっていない場合は、その歯をもう一度戻せる可能性があります。

なお、歯が下に落ちてしまった時は水で洗っても良いですが、歯根膜と言われる歯と骨を結びつけているものは取り除かないようにします。

ごしごしと洗わないようにします。

OKWave関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

歯医者では大まかな処置を行うことはできます。



万が一処置ができない場合は他の医療機関に紹介状を書いてもらうこともできるので、すぐに受診するようにします。