歯茎が腫れただけでも歯医者に行って良いか

年齢を重ねると歯茎がぶよぶよと腫れたり、歯磨きの際に血や膿が出ることがあります。

こういった場合は様子を見てしまうことが多く、気が付いたときには症状が悪化していることもあります。歯医者は虫歯の治療をするところ、というイメージがあり、このような歯茎の疾患の際は行きにくいことがありますが、歯医者では虫歯治療の他、歯周病のケア、虫歯をつくらない予防歯科もおこなっています。

そのため、歯茎が腫れている場合も歯医者に受診して大丈夫です。

歯茎が腫れたり血が出る原因として、歯周病や、口の中を傷つけてしまった、魚の骨などが刺さってしまったなどの外傷、膿が出ている場合は腫瘍や粘膜の病気が考えられます。

NAVERまとめがとても人気であることがわかります。

外傷の場合はその原因となるものを取り除くと症状は比較的軽くなっていきますが、歯周病の場合は、長い時間をかけて治していく必要があります。



また、粘膜の病気や腫瘍の場合はさらに専門的に行っている歯医者に行く必要があります。

こだわりの六本木の歯医者の特徴につてをいくつか紹介しています。

歯茎が腫れた場合、まず、自分の歯をじっくりと見ることが大事です。

磨き残しがあると炎症のもととなり、歯周病が悪化してしまいます。

歯周病でなくても歯肉炎を起こしていることもあり、歯肉炎の段階で歯医者の治療を行うと治りも早いです。
歯科医院ではまず歯石や歯垢をとり、歯や歯茎の状態をみてから実際に治療を開始します。
日ごろから歯磨きなどに気を付けダラダラと食べないことも大事ですので、生活習慣にも気を配るようにします。